クルクル回る経営の裏事情【事業者ローンを上手く利用するコツ】

早めに相談しよう

通貨

2つの方法があります

お金を借りる相手は、大きく2つに分けることが出来ます。それが、両親や親類、知人など個人からと銀行や消費者金融会社などの企業や金融機関からです。個人間のお金の貸し借りでは、利子などが掛からないことや特別な手続きなどをしなくても借りることが出来るというメリットがある一方で、返すことが出来なくなった場合にはその人との関係も険悪になってしまったり、信用を失う可能性もあります。一方で銀行や消費者金融会社からお金を借りるという場合では、利子を支払う必要はありますので、返す時には借りた金額以上を返す必要がありますが、個人間のお金の貸し借りとは異なり、人間関係が壊れるということはありません。なお、いずれの場合も、必ず借りることが出来るとは限りません。

お金を借りる相手として、近年人気を集めているのが消費者金融会社です。少し前まで消費者金融会社というと、金利が高い、取立てが厳しいというイメージがありました。確かに、銀行などの金融機関から比べると金利は高く設定されていることがほとんどですが、銀行などに比べると利便性が高いため、人気があります。また、一定の条件をみたすことにより、金利を支払うこと無くお金を借りる事が出来る場合もあります。また、取立てに関しても、正規の会社であれば法律での規制が厳しくなったということもあり、以前のような厳しい取立てが行われることはありません。店舗や無人契約機に出向かなくても、パソコンやスマートフォンを利用して申し込みをすることが出来ることも人気の理由と言えます。